GSR250のスペックを
書き記しておこうと、思います。
2012年~2016年と進化
しているのか?
それとも、していないのか?

謎な部分も含め
見て行きたいと思います。

実際、私自身も細かく調べた事がなく
なんか?カラーが変わった?
だけなのかもしれませんが・・・
もしかしたら? 新たな
発見が、あるかもしれません。


記事が長いので
折りたたんでます。

スポンサー様




19


PCの方のみ
続きを読む」をクリック
お願い致します。

2012年 基本スペック 

  • 型式    JBK-GJ55D
  • 車両重量  183kg
  • 全長×全幅×全高 2145 mm × 760 mm × 1075 mm
  • 定地燃費  40.0 km/L ( 60 km/h走行時)
  • メーカー希望小売価格(東京地区) 438,900 円
  • 型式 509
  • エンジン型式 水冷4ストローク・2気筒SOHC2バルブ
  • 総排気量  248cc
  • 圧縮比 11.5
  • 内径(ボア) 53.5 mm
  • 行程(ストローク) 55.2 mm
  • 燃料供給方式 インジェクション
  • キャブレター形式 フューエルインジェクションシステム
  • 点火方式 フルトランジスタ式
  • 潤滑方式 ウェットサンプ式
  • 始動方式 セルフ式
  • エンジンオイル容量  2.4 L
  • 燃料タンク容量  13 L

性能

  • 最高出力 18 kw (24 ps) / 8500 rpm
  • 最大トルク 22 N・m (2.2 kg・m) / 6500 rpm
  • 燃費 40.0 km/L ( 60 km/h走行時)
  • 最小回転半径  2.5 m
車体

  • フレーム形式  セミダブルクレードル
  • キャスター  26 度 / -
  • トレール  105mm
  • タイヤサイズ(前) 110/80-17M/C 57H
  • タイヤサイズ(後) 140/70-17M/C 66H
  • ブレーキ(前)  油圧式ディスク
  • ブレーキ(後)  油圧式ディスク
  • ステアリングアングル(右) 40
  • ステアリングアングル(左) 40
変速機

  • 湿式多板コイルスプリング
  • 常時噛合式6段リターン
  • 1速 2.416
    2速 1.529
    3速 1.181
    4速 1.043
    5速 0.909
    6速 0.807
  • 1次減速比 3.238
  • 2次減速比 3.285

  • パールネブラーブラック
  • キャンディカーディナルレッド
  • トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト


変化は?


2012年と2016年の比較をしていたのですが・・

カラーリングのモデル追加と

限定色 の廃止 以外


何も変わりませんでした・・
一生懸命見比べたのにー・・・
(*・ε・*)ムー



私的には、単色カラーはのを押します。
引き締まる色でカッコイイです。

発売当初は以下の
  • トリトンブルーメタリック
  • パールグレッシャーホワイト
  • パールネブラーブラック

3色しかありませんでした。

その後、

・キャンディカーディナルレッドが
発表になりました。

初期型の色は、3色となります。

その中で一番輝いてた色が
トリトンブルーメタリック
に一目惚れ!でした
( ´∀`)つ



当時の主流の250ccは

・Z250 
・ニンジャ250
・VTR250
・GSR250

の中から選ぶ形でした。

ヤマハ MT-25が発売をしていたら
MT-25を買っていたかも
しれません。

あのフォルムは好きです
なんかカッコイイ!

GSRも・・
があったら・・迷っていたかもしれません。
のちに赤が出て少しばかりガッカリした
悔しい思いもしましたが・・

今は全然、後悔はしておりません。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ

これからも大事に
乗っていきたいです。


スポンサー様