さて、前回に引き続き
誠にありがとうざいます。


今回は内部潜入編になります。
受付にてビデオ・写真撮影は承諾を頂いております。




24

前回も、お伝えはしましたが
入館料は500円でパンフレットが頂けます。

では中に潜入です!


パソコン・タブレットの方のみ
「続きを読む」をクリック
お願い致します。






スポンサー様



入り口から直ぐに目に飛び込んでくるのは
映画で使用されたセットを横目に
ゼロ戦モチーフの絵

25



可愛い絵で購入もできるみたいだ。
デフォルメされた可愛いゼロ戦です。



54

第一展示室では、紫電改の尾輪・実際に使われたピストンなど
写真は当時のゼロ戦パイロット訓練性の写真が
数多く飾られておりました。



37

拡大をしていきます。
紫電改 の尾輪 実物になります。
サイズまで明確に書かれております。



39

紫電改に実際に搭載されていた
ピストンとコンロッドになります。
細かい詳細図も左下に書かれておりました。
こんなに大きいのかと・・・思う位です



50

少し離れて撮影してみました。
陳列はこのようにされております。
数々の戦争遺品が所狭しと飾られております。







25

神雷部隊 航空隊の編成図
体当たりを目的とした特攻部隊・・
本当に泣けてきます。





28

人の命が 弾薬となり・・敵地に飛び込む
戦争の悲劇が伝わってきます。

争いに対し尊い命が失われ・・
今の現代がある世界
本当に【哀悼の意】を感じ
今の世代に平和を残してくれた事を
思うばかりです。

48

99戦爆の主輪になります。
私自身これがなんなのか
うまく説明ができません^^;



03


実際に使われていた計測機器
なんか これを使った映像を何かで見た・・
記憶があります。

実物をみるのは、今回が初めてでした。


20

筑波航空隊の基地周辺MAPが見れます。
事細かく書いて有ります。
やはり航空基地という感じ出でしょうか?
かなり広い敷地が確保され、広がっております。




31

内部にはゼロ戦の模型も飾られておりました。
それに対し、詳細な情報も含め
事細かく書かれております。




41


アメリカ航空母艦エンタープライズの模型がなんで?
飾られてるのかな-と思ったら・・
特攻機が大破させた 空母なんですな・・・

思いが伝わってきます。


55

轟沈と書かれた 神風昭和特別攻撃隊の掲げた
物になります。

【さらば】 と書かれた、この言葉が
胸を打ちました、本当に泣けてきます。
(TДT)


27

この特攻服の飾られた部屋は
当時の方のお話を元に
写真や当時の映像を元にゼロ戦にまつわる
事を放送しておりました。

【神雷部隊】
言葉自体は凄くカッコイイのですが
フタを開けてみると、命による特攻・・
というのが・・なんともです。



01

当時の使われていた物品や救命器具の入れ物になります。
年代を重ね今も尚、現代に伝える役目として
展示されております。



09


しかしなんでベットがあるんだろう・・
凄く?~? な感じです。




32


おおお?なんか興味のある部屋だ!
どんな部屋なんだろうか・・・?
早速いってみよう!





38


中に入ると、机とイスのある
空間でした。

凄く物語が伝わって来そうな空間で
しばらく ぼ~と眺めてましました。
色々な思いが、交錯していたのかと思います。


18

部室では なんかマンガの展示を行ってました。
ペリリューという島の戦闘を描いた物らしい

私は初めて見る作家さんですが
有名な方らしいです。





26

武田 一義 さんのマンガで
どうやら3巻まで出ている?みたいです。




32


この飾られたマンガの一部を読みましたが
なかなか面白そうです。
3等身キャラが可愛いのですが
内容はかなり 濃いです。





39

所狭しに作家様のマンガの1ページが
飾られていました。

興味のある方は書店にて
読まれるのが良いかと思います。




37

デフォルメのキャラが書かれております。

著作の可能性も含め、文字は読めないくらいの
撮影を行っております。

雰囲気だけをご堪能下さい。







32

防衛配備図になります。
当時の構成が事細かく書かれてました。






49

70日以上の激戦を繰り広げていたとは・・・
戦争というのは・・悲劇しか生まない物なのだろう・・・






12

重巡洋艦 愛宕の模型
当時の日本の精船技術が
凄かった事をうかがえます。




21



愛宕の脇には、高雄の模型もありました。
やはり当時から愛宕は人気だったのでしょうか?


29

当時の関連書物がぎっちり 見る事が出来ます。


34

カメラの性能限界で字が読めませんが・・・
是非 拝観して確認してみてください。




55

永遠の0を作成するにあたり
重要の写真の一つみたいです。
だれが? だれなのか?
詳細に記載がされておりました。



22

軍事で使われた、各種部品なります。
今では当時の物をまじまじ見る事が困難な為
貴重な資料としてみることが出来ます。

32


陶器の燃料タンクだったのですな・・・
ビックリです。
これを積んでいたとは・・・



37

ゼロ戦21型の後部胴体 現物が
展示されております。



45


三菱戦上戦闘機 21型

三菱は昔からエンジンが良く
目を引くところがあります。

その主な技術は、空の技術でもあったのかと思うと
納得出来る部分があります。



07

天山のエンジンが飾られています! 
実物おがめるなんて・・・スゲーーー感動です



11


なかなか 全体像が掴みづらいですが
天山のエンジン まるまる 飾られてます。
しばらくまじまじ 見てました。
何馬力出ていたのだろう・・・・




21

天山にまつわる現物をみられるのは
早々無いと思いますので、是非一度見て下さい。



41



火星発動機のピストン・・・でけぇえええ

なんだよ 150φって・・・
こんなの搭載したら、いったい何馬力でるんだ・・・・



48


デストリビューター 
主な機構は、火花点火内燃機関の点火装置を構成する
部品のひとつで点火電流を各気筒の点火プラグに
分配する装置で 通称 デスビ

今でもその名前を聞くことがあります。







55



この部品群はこちらの 海の中から
回収されました。
まだまだ各地の海の中には
軍事的に使用された物が
眠っていそうです。







47


星形エンジンきた!
ピストンとコンロッドが星形に配列され
その駆動でプロペラシャフトを回すという
星形エンジン

この形のエンジンは好きです。
(*・ω・)ノ


56

人間の造形って・・鉄をこのように
加工出来る事が本当に凄いと思います。
メカ好きだと、よだれが出そうです。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ



27



プロペラも飾られておりました。
こうみると、竹とんぼの巨大版な様なきがします。
先端には文様が施されていて

造形の繊細さがうかがえます。





14


そんなプロペラが沢山かざられてました。
文字がぼやけて・・すみませんでした・・・
帰ってきてから気づいたので・・・取り直しも出来ず・・・
きっと判る人には、判別可能と信じております。





11



戦艦 長門の乗務員 大集合!
スゲー人数だ!
当時のあこがれの戦艦だったのだなぁ・・・・




38

号令台!
ここで軍事的な戦局や作戦の号令が
かかったのでしょ・・・




51



号令台と庁舎の位置関係
この雰囲気は映画のワンシーンにいるような
感じでした。



57




今後は、動画から切り出しを
行うかもしれません。

追加あれば、こちらに掲載を行います。

資料館としては凄く面白い所なのですが

当時の出来事があまりに衝撃すぎるので
今日の平和は・・、このような悲劇もあったのかと
思うと、本当に胸が詰まります。






関連コンテンツ