バイク乗っておりますか?
ヾ(´ω`=´ω`)ノ

秋! バイクの季節の始まりです。

私も朝一でGSR250のオイル交換エレメントを行い
意気揚々とスタート

30キロ走り、コンビニで停車させ
ふと マフラーのステンレス部を見ると・・・
汚れ発見!!!?

Σ・・・・!???
凄く・・・ショック



ステンレスが虫食い


スポンサー様







07



一気にゲンナリしましたので、ツーリングを断念
この汚れが落ちるか、検証する事にしました。
じっくり見て見ると、マフラーのステンレス部が変な焼け方をしておりました。




BlogPaint

わからない人用に、赤丸で囲んでみました。
こちらの部分になります。
(´;ω;`)


 写真でこれですので、実際目視を行うと
かなり酷い状態になり、虫食い状態の跡で目立ちます。

ツーリング日和の秋晴れではありますが・・
これをどうにかしたい気持ちが強くなり
戻って作業を開始!


色々な溶剤を試す



さて・・?何を使うか悩みます

・研磨剤 マザー
・ピカ-ル
・ヨシムラ ステンマジック

実際に持ってるのは、この三種類


どれでいこうか・・・・
見た目は焼け?ポイですが・・傷ではなさそうだ

オイルが焼け付いた痕も
たぶん私が、清掃用で使ったオイルスプレーが付着し
マフラーの熱でくっついたのかもしれません・・

となると?強めの研磨で取る方が
いいのだろうか?

早速 検証に入ってみる事に!

まずは 微量に研磨材のマザーを付け
磨いてみる。

果たして?焼けにつかえるのだろうか・・
 ・
 ・
 ・
少しばかり磨いてみたが
一向に落ちる気配なし


ピカールを少量付け
擦ってみる。

多少取れるが
マダラ模様が無くなりませんでした。

残るは・・
ヨシムラ ステンマジック
これでダメなら・・・諦めよう・・そうしよう


鬼の洗浄力と研磨


ヨシムラ ステンマジックをとり
フタを開けると、アンモニア臭のかなりキツイ
匂いが充満

ヨシムラステンマジックを使用するときは
「ゴム手袋を付けて下さい」と、表記がありました。
結構危険な溶剤みたいです。


51


物はこれになります。
120g しかないのに 
2000円 とか驚きの金額

高い安いは個人の思想がありますが
私は高いと思いまました。

あとは効果次第で・・・どうなるか・・

ステンマジック自体は、液状と研磨剤が含まれており
液体が、凄い匂いを漂わせます。

使うときは、換気や窓を全開を
オススメ致します。


さて・・・ステンマジックを良く振り
内部の研磨剤と液をシッカリ混ぜます。

布に数滴つけて、マフラーのステンレスに付けてみると・・

すげーーーーー! 輝きが戻ってくる!

写真を見て下さい!!!
この驚きの輝き!


なんか・・騙されてるみたい・・
数回擦っただけで、本当に輝きが戻ってきます。



16


擦ると10秒位で、この輝きです。


深夜の嘘くさい通販みたいですが
本当の話です。

乾いた布で、残り溶剤を
キュッキュと磨けば完成!

この溶剤は綺麗にするだけで
この後の保護がないので、汚れをガードしてくれません。

汚れたら再度、拭き取りが必用かもです。

汚れたら諦めるのではなく
試して見て下さい!

ただ、ステンレス以外は効果が
現れません・・・


チタンマフラーは鉄の分子構造が違う為
なのかもしれませんが
よく知りませんが、汚れが落ちませんでした。



というわけで 満足して
GSR250をしまい込み

モンキーで出撃していきます。
次回はこれを書いていきます。


それでは皆様も
良いバイクライフを
お送り下さい






スポンサー様