モンキーや他のバイクで
キックレバーがガクガクとして
いまにも、ナメてしまいそうなバイクへの
応急処置としては良いかもしれません。

さて・・
今回の私の取った、行動を紹介していきます。
本当は、ガクガクの時点で新しいキックレバーを
購入して欲しいというのが、前提です。

ただ私は資金不足の為、キックレバーが買えません。
しかし、エンジンは定期的にかけないとダメになりますので
今回、無い頭を絞り出した答えになります。




BlogPaint



スポンサー様




キックスピンドルが減っていき
ギアのかみ合いが悪くなり、段々ガクガクになってきます。
最悪は溝(スプライン)の破損につながると、手遅れです。

キックレバー側が破損であれば、レバー交換で
すみますが・・・

キックスピンドルの溝をなめてしまうと
エンジンをバラさないと、交換ができません。
一大事になる為・・・非常にやっかいです。

ガクガクになった、キックをどうやって一時的に治すか
ずっと考えてました。

頭の中では、ゴムを挟めばおわりじゃないか?と思ったけど
そんなに薄いゴムなんて、近くにないし・・
工具箱入れをボーと見ていました。

ふと?目についたのはハーネス保護する
ビニールテープ (少し柔らかいやつ)
バイクでハーネス補修をした事がある人は
わかるとおもいます。 
あのテープです。

一般的なビニールテープでもいいのかもしれませんが
私は試していないので、良く分かりません・・
ハーネス補修用のビニールテープしか無かった
というのが私の現状です。


ダメ元でやってみるか・・という事を思いつき
やってみました。

これが結構良い感じに、キックスプラインの溝の滑り止めとして
効果を発揮しました。

ガクガクしていた、キックレバーがガッチリ止まりました。
これでしばらく乗れそうです。



34


キックレバーを外し、キックスピンドルに見えない様に
一巻き位まきます。 
(場合によって巻き数を変えてみてください)

あとは、キックを取り付けるだけです。
これでかなり滑り止めになり、がっちりとまります。

キックレバーにガタがある人は、試してみるのも良いかもです。
今現在、私のモンキー108ccの圧縮の高いエンジンで
安心して、キックを踏めるまで回復しました。

しかし?この方法で不安という方は
交換をオススメします。