前回のモンキーツーリング際に
突然・・アクセルスロットルが戻らない
という謎の現象が起きました



20年バイクと共に歩んできましたが
今までアクセルスロットルが戻らない・戻りにくい
という事は、ありませんでした、、しかし今回初めて体験しましたが、これ程怖い事だったとは、、思いもよりませんでした。












考えられる原因
  • キャブレターからのアクセルワイヤーの取り回しが悪い
  • アクセルワイヤー ワイヤーが切れそうで動きが悪くなる
  • アクセルワイヤーの長さが適切でない
  • アクセルワイヤー内部が潤滑不足で重くなる。
  • アクセルワイヤーの内部のワイヤーがササクレが出来はじめる。

と言うのが、今までの主な原因でしたが・・・
どうやら今回は、この件とは又違うみたいです。








アクセルスロットル 戻りが悪いとどうなる?



スポンサー様






BlogPaint


さて・・?アクセルスロットルが戻りにくい位さほど問題じゃね? と思う方がいると思うのでどんな現象になるか書いて置きます。




パソコン・タブレットの方のみ
続きを読む」をクリック
お願い致します。


バイクを日常的に乗ってる方は、どんなに怖い事か
良くご存じかと思います。

アクセルスロットルが戻らないと、どうなるか?

  • 一度アクセルスロットルを回すと、何処までも加速する
  • エンジン ブレーキが効かない 
  • 微妙なアクセルワークが出来ない 
  • 事故率が上がる


と色々と 色々悪さをします。



アクセルスロットルの動きが悪い



こんなに動きの悪い
アクセルスロットルは治るのだろうか?

分解して治らなければ・・・
アクセルワイヤーの交換になりそうです

はてさて・・・どうなるか





アクセルスロットル部を分解




05


さて分解前に、タンクやその他に傷が付かない様に
養生をお願い致します。

私は布を多く敷き詰めました。
タンクは傷尽きやすいので、必ず養生をします。

この先の作業は、素人作業になりますので
暖かくお守り下さい。



BlogPaint


まず何処をばらせば? 良いのか??
見て行きます。

私のバイクは、上記の赤い○で囲った部分になります。
こちらにドライバーを入れ緩めて行きます。

ゆるめる前に! 注意!!

外す前は、良く写真を撮りましょう!
ミラーの位置が変わるおそれがあるので
出来る限り、現状の写真を撮っておくのを
オススメ致します。

慣れてる人は全然気にせずバラして下さい。




21


ネジの頭を舐めない様に
合ったドライバーを使い、ネジを緩めていきます。

ネジが堅い場合は、潤滑剤を間にしみこませたり
貫通ショックドライバーでショックを与える感じです。

私のバイクは何度もバラしてるので
ネジが軽い感じです。




BlogPaint


ネジをが無事外れたら、アクセルワイヤー固定
スパナーを使い 赤丸を外していきます。

大きさは13mmだと記憶しておりますが
スパナーを合わせて下さい。

アクセルワイヤーのナットを緩めませんと
外れません。


ネジ・ナットを外したら

アクセルスロットルのワイヤーが
引っかかっております。

写真撮れませんでしたが、言葉で説明していきます。

グリップの内側に、アクセルワイヤーが引っかけてあります。
アクセルワイヤーを手で、ワイヤーを引っ張りながら余裕を作り
引っかかっている玉をズラしながら、穴から外します。

その際、回りのプラスチック類を破損しない様に
気をつけて下さい。

ワイヤーの玉の位置は抜ける処でしか抜けないので
よく観察してから、抜いて下さい。






36


旨く外れると、このようになります。
外してビックリしました・・


凄く粘ついた物体が、スロットル付近の
ハンドルバーに付着しておりました。
(((( ;゚д゚)))

これを綺麗にしていきます。

清掃・潤滑に使った物は 以下の2点を使用しました。




使用した溶剤はこちら




無題
  パーツクリーナー

清掃用のパーツクリーナー
DIYショップにて、激安品をお買い求め
下さい。 通販買わずとも、その辺のお店で
198円前後で売っております。
安い時は、買いだめておくと良いかもです。



a
   シリコンスプレー


シリコンスプレーも今やDIYショップで
200円前後で置いてあります。

良い物は必要ありません。
写真はKUREですが、DIYショップにて
機械用シリコンスプレーで良いと思います。



まず、ハンドル側をパーツクリーナーで
ボロ布を使い、徹底的に粘りを取りました。




BlogPaint



赤丸のスロットルパイプ内部も
シッカリ パーツクリーナーで洗浄

洗浄後
グリップのゴム類にシリコンスプレーが付かない様に
ハンドルバーとスロットルパイプ内部に
シリコンを吹きます。

さらにボロ布で良く拭き取り
完了




25



粘りが取れたのと、滑りを確認し
外した逆手順で組み付けをおこないました。




治った動画がこちらになります。




ブログから旨く画面が貼り付けできませんでした。
申し訳ありません・・・汗汗


是非見て見てください
改善しております。


バイクの整備は本当に重要かと思いました。
出来ない方は、近くのバイク屋さんに
ご相談下さい。
(。・ω・)ノ゙





スポンサーリンク