ミニキャンプ道具を揃えてみました。
今回の目的は、ソロツーリングのステップアップを考えておりました。
バイク・ツーリング・ミニキャンプ

ツアラーとしては最高の題材だと思います。
ただ走ってご飯を食べて、帰って来るのでは無く、景色の良い場所で珈琲を沸かして飲みたい!

ただそれだけなのですが、なんか心がワクワクします。
(*・ω・)ノ


21

今回の買った物をご紹介

全てアマゾンにて、購入致しました。
詳細については 細かくご紹介しております。


パソコン・タブレットの方のみ
続きを読む」をクリック
お願い致します。

言語変更の方は、記事タイトルを押して下さい。
全文が見られます。




スポンサー様


 

AMAZONで買った物一覧 


        ガスストーブ 
           5383円 
        (これが一番高い・・・)
       あると便利 ガスオプション装備
  1925円
 
        3480円
 販売: 【2,160円以上購入で送料無料】Victoria L-Breath(ヴィクトリア エルブレス)



今回は以上5点になります。

その中から今回は、ガスストーブを紹介してきます。


ASOTO ST-310MT




50

小さな段ボールの開封を行うと、ビニールに包みこまれ、折りたたんだガスストーブが入っております。

私がこのガス台を選んだ、最大のポイントは以下になります。

ASOTO ST-310MT 
モノトーンモデル
  • 携帯性 (超重要)
  • 火力が強い
  • 五徳の故障がない (安全)
  • 市販のCBガス缶が使える(超重要)

以上の4項目になります。

 色々物色中に、イワタニのジュニアガス台に目が止まり、良いなーと考えていたのですが・・AMAZONのコメント欄を見て見ると、購入したユーザーの中には五徳部分(上部の鍋を置く部分)が湯を沸かしている最中に緩み・・・足を火傷したというコメントを見ました。

 さらに五徳のネジを回しても、固定されない不具合があるらしく・
私としては長年の使用を考えていますので、今回はイワタニ ジュニアストーブを見送り、ASOTOのガスストーブに決定しました。
 こちらは携帯性もよく、火力も十分高そうです。



59


ガスストーブの付属物になります。
専用ケースがついておりますので、非常に好感がもてます。

こちらのガスストーブを購入している方の中には、オプション購入されている方が居ました。



39


ガスストーブ  オプション???
 
ガスストーブに必要あるのか?と思いつつ、Amazonコメントを覗いていると・・・
どうやら?
ガスストーブの熱で五徳部分が熱くなり、熱がガスストーブの足に伝わり指を火傷する可能性もあるとの事です。

 さらに、圧電着火用のスイッチが非常におしずらい位置にあり、着火時にやりづらいというコメントが沢山書かれておりました。

 圧電着火を全く考えなくライターにて着火させる場合はには、こちらのオプションはあまり意味を持ちません。

 五徳から足の部分には、100円ショップの水槽用の適当なシリコンチューブが入るので、そちらを利用する方もおります。お値段は大変お得になります。

私は、この丸型ケースも欲しかったので購入決定です。


13


早速ストーブを広げてみました。

第一インプレッションでは凄く小さい! 

と言う感覚を受けました。こんな小さい作りでお湯沸くのかな?と思う位コンロが小さいのですが、細かな穴が空いている為、万遍なく火が出そうです。

ASOTOのこの前掛けみたいな部分を持ち上げて、ガス缶をセットします。
熱の籠もりによる、ガス缶保護みたいな役割もしております。

これだけでは不安だという方は、ガス缶自体にアルミを巻き付けている方もいました。

私はこれだけで十分かと思います。





20


ガス台を広げた処です、シリコンゴムが刺さっている場所がこのガス台の五徳部分です。
シリコンゴムを入れ込む時は、食器用洗剤を用意して下さい。

 食器用洗剤を数滴、五徳から足に付着させ潤滑剤の役割をさせながら行うと、不思議とスルスル入っていきます!

最初に思ったのは・・・こんなチューブをいれ込む事は、無理かも?と想像したのですが、食器用洗剤のお陰でスルスル入って行きビックリしました。

潤滑剤は大事ですね・・・




09


 圧電着火部アタッチメントを付けていきます。

 まずは、ガス調整用のピンを抜くのですが、ピンは上下に力を入れ広げると抜ける感じです。

 圧電着火アタッチメントを入れ込みます。写真の右下がアタッチメントになります。

クワガタみたいな角を、真下のスイッチに当たる様に設置を行います。

適当な位置でネジを固定すると、スイッチの当たりがでませんので良く確認しながら設置を行って見て下さい。



41

ガス缶を差し込み
回してセットするとガス缶が固定でき完了です。

いきなり出先で使うのは、怖いので、まずは玄関で火の付き具合を確認致します。

ガス缶については、ショート缶もあるみたいですので、ツーリングの際はショート缶を今後持ち運ぼうと思います。

今現在は無いので、自宅の鍋用のガス缶をセットし着火!



56

玄関で火を付けた処です。
通常は、五徳の真下の風避けは付属しておりません。

私が100円ショップに行き、お菓子用のアルミフレームを見つけ、適当に付けております。

もう少し小さい経だと、ピッタリ填まるかんじですが、これだけでも風よけには良い感じでした。

火の強さは申し分なく、ガス調整もできるのでラーメン作り程度なら行ける予感がします。

しかし?外で使うにはこれだけでは不安と思い 

風防ガードを自分なりに考えてみました。
見た目はあれですが、風から守ってくれ携帯性も優れそうです。



28


 
100円ショップで、ガスレンジガードを購入し適当に切りました。

レンジガードはアルミ素材で作られており、大きめを買っても加工が簡単で超適当に、レンジ風防を作れます。


実際には市販のカッコ良い、折りたたみ式のアルミ風防も売ってるのですが・・
バイクではかさばりますので、極力荷物を少なく進めてみたく考えて見ました。

アルミ素材という事もあり、折りたためてますので、ASOTOの丸型ケースに入れる事が出来ました。


風防は壊れてもどうせ、100円なので未練はありません。



59


ASOTOの中に収納致しました。
大きさを解り易くするため、カッターを置いてあります。
カッターの大きさを見て頂くと判る通り、凄く小さいです。



49


バイク用バックに収納すると、これくらいなります。
超オススメ!ガスストーブになります。

お花見・ツーリング・釣り・等々で携帯性の高いガスストーブを考えている方は
どうぞご検討下さい。

私は凄く満足で、使うのが楽しみです。







おすすめ コンテンツ