2018年 4月29日

ついに!この日がやってきました。
前日からワクワクしており、少々寝不足でしたが、当日は朝5時に起床が出来ました。

今回はGOOGLE+ コミュニティでお知り合いになり、ツーリングも
御一緒させて頂きました。hiromaro liverendさんが以前に、陸上自衛隊広報センターまで行った事をG+にて御報告されており、私も凄く興味を持ちました。

実物の戦車が間近で見れる?!
というワクワクの場所との事・・・ 
これは行くしかない!

GOOGLEMAPを眺めていると、茨城側からは圏央道に入り常磐道へ合流し外環有料道路に入り、和光ICで降りるこれが一番近そうです。

ナビを見る限
りは・・ 2時間位を表示されていました。

圏央道→常磐道→東京外環道になります。

カーナビゲーションをご利用の方は
  • 「埼玉県朝霞市栄町4-6」
  • りっくんランドで検索
  • 陸上自衛隊広報センター
  • 03-3924-4176  電話検索

にて、検索を行って見て下さい

陸上自衛隊広報センター
入館料: 無理
開館時間:午前10時~午後5時
休館日: 月曜並び第4火曜日(基
準)

※GW期間中は変更あり、年末年始カレンダーをご覧下さい
http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter/index/yearoff.html





57



今回は90式戦車に会いに行くしかない!と
心に決め、向かう事にしました。
本当に?実物の戦車に見れたり触れたり

出来るのだろうか?




35 - コピー


出発は河川敷道路を使い
圏央道 神崎ICへ向かいます。
弾丸道路とも思うココの場所は、非常に気持ちが良いです。


対面車線からは、ツーリングの方が手を振って下さったので
私も元気良く、手を振り返しました。
(*・ω・)ノ

ツーリング時の、手を振る文化って好きです。
見かけたら、どうぞ手を振ってください!
私も可能な限り、降り返します。

中には手を振っても、答えてくださらない
ライダーさんもいるので、私は躊躇してしまう事があるので
私から手を振れないのは、本当に情け無く思います。



15 - コピー



神崎ICへ乗る前に、道の駅神崎で休憩
朝の8時前なのに、かなりの台数が朝から駐車しておりました。
朝から健全な活動って、とても素敵です。

さて・・・陸上自衛隊広報センターへは
音声ナビだけで、辿りつけるのだろうか?



パソコン・タブレットの方のみ
続きを読む」をクリック
お願い致します。

Language change is possible in English
There is a language change in the upper left





スポンサー様



28


到着時間まで38分
守谷SAにて休憩を取って行きます。

しかし?? 
私が思う限りでは、千葉県を南下するより、凄く近い気がするのは何故なんだろう、、、?~?
やはり?圏央道が貢献しているのかな?この直線距離で行けると言う事は
改めて凄いと感じました。

今時代は本当にに楽になったものです。



BlogPaint



守谷SAエリアのバイク駐車場エリアは本当に広い
台数的には、15台位が余裕で止めらるので広々と使えます。
大勢でのツーリングの際には本当に、助かるかもです。
SAという事もあり、ガソリンスタンドもあり
給油が出来る安心感もあります。





51 - コピー


遠くから撮影を行いました。
停車場の大きさが、よく判ると思います。
これだけ広いと、安心して止められます。

さて?
現地到着まで、30分近くもあり
少し長めの休憩を取ることにしました。




27 - コピー


凄くデカイサービスエリアだ・・・!
適当に休憩に止まったSAではありますが
施設がかなり大きくて、凄く気持ちが良い~
(*・ω・)ノ

フードランチの値段を見て回ると、800~1100円と割高感があります。
500円で蕎麦食べようか~と思う田舎のSAとは違い
小綺麗なお店が並んでいます。

焼きたてパン屋もあり、眺めていると
凄く旨そうなパン屋を発見




58

このお店では人気ナンバー2の筑波山風のパンを見つけました。
No1のパンは、11時から販売の為買う事が出来ず・・残念

写真はピントが合う前で、ちょい読みづらいですいが
口当たりの軽い食感の生地と、茨城県産の濃厚クリームを
たっぷり入れました! と書いて有ります。
筑波山を形どっており非常に気になるので、購入してみる事にしました。





30 - コピー


早速頂きます。
形が・・・筑波山?というより
反対にしたら・・やばい形にも思えますが
これ以上は・・言いません (笑)
Σ(=゚ω゚=;)




49



中のクリームの量はこんな感じです。
サクッとした中には、沢山のクリームが入っておりました。
濃厚で甘み控えめのクリームなので、好きな人は好きな味かもです。





BlogPaint



SA内部様子です。
子供を主体においた、フードスペースになっており
非常に居心地の良い、スペースかと思いました。



ついに来た!
陸上自衛隊広報センター




22

川越と朝霞の字が見えてきました。
国道254の通り沿いに、目的の陸上自衛隊広報センターが有るはず・・
というのも、ココまでヘルメットへ飛ばしている、音声ナビだけです。





06



朝霞自衛隊の看板キターーー
ワクワク到来時間!
この施設は、事前情報では中はそんなに広くはないのですが
実物の戦車を間近で見れる、数少ない場所かと思います。





27


入り口の守衛所です。
この先は、朝霞駐屯地もあり
軍務関係者様の入門の為に、守衛がもうけられています。


この守衛の隣には、20台位止められる一般用の駐車場があり
自転車とバイクは端に止めます。



18


と言う訳けで、自転車と同じ置き場にバイクを止める事にしました。
ヘルメットホルダーを使いましたが・・ 守衛処から丸見えで
自動車誘導員も自衛隊の方なので、盗難心配はあまり気にしなくても
住みそうです。



BlogPaint


軽装甲機動車が、お出迎えしてくれました!
生でみるのは初めて・・・



32


なんと軽装甲機動車は普通に触れます。
大体触るの禁止とかだったりするのですが・・・
特に禁止事項も無く嬉しい限りです。



40
20

凄くごついな・・窓越しに中をみると
乗り心地なんて全く考えられておりません・・・




01


入館は10時から!
既に、20人近い人達が並んでいます。
お子様連れの方も多いなぁ

どうやら今日は、90式戦車の一日戦車長になれるイベントみたいで
90式戦車の搭乗口を開放してくれるみたいです。
私も乗ってみようかしら!



14


開館ました!
本日は、昭和の日という事もあって特別イベント扱いで
装備品も展示されており、各種の自衛隊装備品をそのままの装着でき重量を
体験する事もできました。 



19

装備品ですがどれもこれも・・・重い
防弾チョッキに至っては、15キロあり、鉄板が中にはいっておりました。
ちょい持ち上げて、これは無理だー重すぎる

やはり苦境の体力作りをしていないと、この装備を持ち
さらに銃をもちながら、走るなんて・・想像しただけで
汗をかきそうです。

この日は自由に装備が出来ました。

35

展示されている中には触っては駄目な物もあります。





49

偵察用オートバイ
これも実際に跨がってもOKな物です
実物を触れるうれしさで、心が躍ります。




BlogPaint


90式戦車が飾られております。
今回はこれの戦車長体験が出来ます

小さいお子様が、早速のりこんでおります。
私も乗りたい!!



47


こんなので、距離を測るのか・・・




04
55

120mm TKG鉄鋼弾!
これを発射してたのか・・・

重くて装填に時間かかりそうだ・・
自動装填じゃないと
次の装填がつらいなぁ・・

11


スペックが詳細にまとめられておりました。
製作に関わったメーカーまで書いて有るとは
驚きです。

三菱重工 特殊車両課は戦車を製造しているのか・・・
凄く興味深い資料です。



BlogPaint


BlogPaint



90式戦車長になりました

超嬉しい瞬間!!
モザイクが入っておりますが、凄く笑顔です。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚




BlogPaint




90式戦車から撮りました
戦車内部は撮影禁止の為残念でいしたが
この角度はOKもらえました。




57
58

中は戦闘ヘリとパラシュートが飾られておりました。
どうも?見た目はアパッチぽいが・・



44





52


装備も間近で撮影が出来き、凄くかっこいい





26
09
47


20mm 機関砲も凄く迫力ある・・
後ろの構造とかも よく判ります
写真を拡大する事をオススメいたします。




BlogPaint



操縦席も開放されておりました。
さすが昭和の日!
こんなに間近でみられるとは・・



20

計器類をみるとワクワクします。



39

91式対空追撃用バズーカ



55

51


ライフル系も少し飾ってありました。
文字が読みにくいので拡大写真を付けておきます。





02

空挺装備がはんぱないです。
パラシュートを装着してるとは言え・・・
こんな姿では、重くて倒れてしまうかも・・

こちらの展示品はでは、触る事が出来ませんでしたが
一部の展示品については、触る事が許されております。


次回は外展示されている
10式戦車等々の写真を載せていきます。

こんなに心躍る場所は早々ありません
軍事好きには聖地かと思われます。

かなりオススメです。













スポンサー様