2018年 11月25日 (日)


秋の深まる中、皆様バイクのっておりますか?
(*・ω・)ノ

今回は、秋のロングツーリングを慣行してまいりました。
場所は3県に跨がる、八溝山という山になります。

以前より、バイク屋社長が行きたいと言っておりましたので今回企画して向かう事にしました。山の麓のわき水は飲用可能との情報も頂いたので、恒例の湧き水にてコーヒーを飲もうと思います。


引用先google map

八溝山はこちらになります。

八溝山(やみぞさん)は、茨城県福島県の県境にある標高1,021.8mのである。茨城県の最高峰で、茨城県北ジオパークのジオサイトの一つ。

概要

山頂は福島県東白川郡棚倉町と茨城県久慈郡大子町との境にあり、栃木県との境界から東へ1km未満の距離にある。八溝山地の主峰で北麓には久慈川の源流がある。八合目[1]の南麓には久慈川支流の八溝川の源流である八溝川湧水群があり、水戸光圀が命名したと伝えられる八溝五水(金性水、鉄水、龍毛水、白毛水、銀性水)が名水百選に選ばれている[2]樹木ブナダケカンバカエデミズナラスギなどが自生していて、保護林の八溝山天然林がある(八溝山天然林保存会)。

山頂には日本のを模した展望台(2012年11月現在無料)があり[3][4]、展望台からは阿武隈高地をはじめとして磐梯山奥日光那須連山などの山々を望むことができる。気象条件に恵まれれば筑波山富士山が見えることもある[4]東京スカイツリーは肉眼では見えないものの、撮影に成功した例がある


引用先 wikipedia 八溝山より



パソコン・タブレットの方のみ
続きを読む」をクリックを

今回は少々長めになります。
お付き合い宜しくお願い致します。

Language change is possible in English
There is a language change in the upper left.


スポンサー様





2018-11-25 05.41.20



 自宅を出た時は、まだ月が登ってました。早朝5時の空気は冷たく、顔に当たる空気が張り詰めており肌を突き刺す寒さ、外気温は7度を示しておりました。道路の凍結とまではいかず、肌寒いという感じをうけました。真冬装備で身動きが取りにくい中、倉庫へむかいます。



2018-11-25 06.44.46
2018-11-25 06.55.14



朝の7時 待ち合わせ場所のファミマへ到着
しばらくすると、知った顔ぶれがゾクゾク集まってきました??こんなに八溝山にいくのだったかな・・・?と思っておいると、どうやらこの日は、3件のツーリングがあったらしく、こちらのファミマにて集合になっておりました。
(((( ;゚д゚)))


ツーリング構成は以下の通りになります。

  • 八溝山ツーリングチーム
  • 筑波山ツーリングチーム
  • 房総半島ツーリングチーム


3件のツーリングが日時も時間も場所も、事前打ち合わせなく同じ場所に集まるとは、やはり紅葉シーズンはあなどれません。



軽く皆と話を済ませながら、ファミマでコーヒーを買い、今回の奇遇の件を話合っておりました。一番遠い場所へ向かう私たちは、メンバー4名揃ったので足早に八溝山へGO!



BlogPaint


いざ!八溝山へ!

 国道124号線をから国道51号を、北上しならがまずは水戸方面を目指し、国道6号へ合流します。しかしこの国道6号は首都圏と結ぶ幹線道路の為、非常に交通渋滞を引き起こします。その為こちらからの、北上を断念しました。茨城県道38号線を経由し国道118号を目指します。




引用先 GOOGLE MAP


文字だけでは掴みづらいので、地図を乗せて説明をさせて頂きます。
東京から水戸まで繋がってる国道6号線は、茨城と東京を結ぶ幹線道路となり、時間帯により平日・休日含め混雑しております。バイクで走る際にはなるべく、混雑を避けたく思いますので、茨城県道38号へ抜けていきます。



BlogPaint



 大子町へ入り、やっと休憩時間です。今回先頭を任せた方が、中々休憩を取らず2時間程走っておりました。うひぃ・・トイレと疲労感が溜まってきました。流石に1時間に一度は止まってほしいと感じました^^;;


 この先の八溝山麓がもしかしたら、湧き水が出ていない可能性もあった為、こちらで、緊急用の水を500ml2本を購入しました。これで準備万端!



1




118号線 袋田の滝まできました。
 前を走るマジェスティ400の後を追っかけていきます。冬場の重装備をしてきていますが・・凄く寒い 気温が上がらず14度付近になっております。 バイクの風当たりもあるので、感覚的には10度位かと思います。



2




奥久慈大子温泉郷! なんか魅惑の温泉という文字が見える・・・
この辺は温泉はアルカリ性という話を聞いているので、八溝山から三太の湯という場所へ温泉に行くことになります。ここ最近腰が痛いので温泉が恋しい季節になります。




3




八溝山への道は結構細く狭い・・・ 走行の時は要注意になります。
すれ違い時の対面の車には十分お気をつけ下さい。
あとで動画もアップ予定と致します。








八溝山 山頂までの走行動画
安全運転で行きましょう。


山頂に到着!



BlogPaint


山頂へ着いた!! 

山頂は、車5~6台の駐車場とトイレがありました。
駐車場的にはちょい狭いきがします。

落ち葉が沢山あるなぁ・・ 凄く危険です(汗
バイクの場合、落ち葉で滑ると一気にすってんころりん
落ち葉が一番怖いです。



2018-11-25 10.44.21


八溝山 周辺案内掲示版



2018-11-25 10.45.01



霊峰 八溝山の頂上には、城らしき3階立ての城風の建造物が立っておりました。どうやら以前は、入場料を取っていたみたいですが、今では誰も居ません。



2018-11-25 10.45.29
2018-11-25 10.45.36

奥手前看板

なぜか?宇宙を感じる看板が立ってました!夜来たら星が綺麗なんだろうなぁ

2018-11-25 10.46.18
2018-11-25 10.46.24


早速謎の展望台へ!関東一円をまるっと見る事が出来るそうです。
澄んでいて運が良ければ、富士山や東京スカイツリーまで小さく見えるそうです。
私が行ったときは、多少雲が掛かっておりました。




2018-11-25 10.48.50



展望台には各地の見える方向指示版がありました。
動画にて、山頂からどう見えるのか下の動画でご覧下さいー










2018-11-25 10.54.20
2018-11-25 10.54.02


こちらが山頂の基準測定地になります。
いわゆる頂上! なのかな??

三県を跨がる、基準測定 Δ そこには何故か石が積み上がってました。
何故?石が積み上がってるかは謎です。
しかしもスゲーバランスで石が積み上がってるので、ビックリ



2018-11-25 11.25.51



麓まで降りてきました!
湧き水ポイントに到着しました。
場所は以下をご覧下さい。



2018-11-25 11.28.05

2018-11-25 11.28.15




八溝林道の入り口に湧き水ポイントトレイがあります。
こちらには屋根付きのイスと机がありますので、コーヒー設置には良い場所かと思います。

湧き水のお陰もあり、色々洗えるので便利です。洗えるっていいのぉ




2018-11-25 11.22.33



早速コーヒの設置にかかります、風避けのアルミ板はお借り致しました。
風避けの板は必要かもしれないので・・・今後買っておこうかなぁ
ガス缶には缶が冷えないように、ゴムの伸びた靴下を履かせました。



2018-11-25 11.22.37



ハンド携帯ミルを使い、コーヒー豆を引いていきます。
紙コップは耐熱紙コップを100円均一で買って来ました。
普通の紙コップでは、熱すぎてもてない^^;




2018-11-25 11.37.45




火を付け始め、5分程度でお湯が沸きました。
コーヒー豆を入れて、数分イヤッフーすると完成です!




2018-11-25 11.41.22

湧き水コーヒーの完成!
この一杯の為に走って来て、良かったと思える瞬間


水質についても書いておきます。八溝山の麓の水は凄く柔らかく軟水かと思いました。
コーヒーの味わいも際立ち、美味いと褒めて頂きました。今回本当に企画をして良かったと思いました。







2018-11-25 11.56.23

紅葉の色づき具合もMAXに綺麗でした。



2018-11-25 11.54.24
2018-11-25 11.54.12


八溝林道入り口 


バイクでも通る事が可能ですが、凄く入り組んだコースになります。
別チームはこちらから上がって来たそうですが、落ち葉の多い時期は本当に避けた方が良いです。
オフ車で走るなら面白そうなコースかと思います。
是非走りに行ってみて下さい。




2018-11-25 11.56.01



手短に片付けを行い、これから温泉とお昼ご飯を目指して行くことになります。
ブログが長くなりすぎるため、記事を分けたく思います。
どうぞ宜しくお願い致します。



スポンサー様