毎度見て頂き、ありがとうございます。
GSR250も生産終了となり寂しい限りですが、これからも大事に乗っていきたいと思います。


パーツもそのうち・・手に入るの難しくなりそうです。
そうなる前に、パニアケースを付けようと思い今回取り付けてみました。
前回は、GSR250にKIJIMAのリアキャリアーを前回取り付けました。


リアキャリアーだけだと、お仕事するバイクに見えてしまい
なんかカッコ悪いと思えてきました。



一ヶ月ほどホムセン箱を積むか、パニアケースを積むかを悩んでおり、ホムセン箱は加工次第では無限の広がりもありそうだと考えておりましたが・・・今後のソロキャンパーに向けては玄人ぽ良さそうではありましたが、加工する時間と手間を考えるとやっぱりパニアケースが良いなーと思いました。


AMAZONにて、お手頃なパニアケースを選んでみました!
やっぱり手軽に開け閉め出来るのは、一番良いと思います。




2019-11-09 11.01.31



やっぱり、この姿では走れないですよね
(^^;

スポンサー様


SHAD SH40 CARGO






2019-12-06 19.55.04




SHAD SH40 CARGO付き トップケース
容量: 40リットル


スペック 

ブランド シャッド (Shad)
商品重量  159 g
梱包サイズ  50 x 42 x 33 cm
製造元リファレンス   D0B40199
色 無塗装ブラック
トップCARG付き


なぜ?カーゴタイプを選んだか? 
その理由とは、今後始めるであろうソロキャンプを進めるにあたり、荷物を最大限に積むための秘策となります。

このSHADはカーゴ部分を分離して、トップCARGOを別売りのカバーと交換する事も可能です。





取り付けと課題


2019-12-07 09.09.57


このパニアケースは土台部分が,普通では取り付けられないと言う話を良く耳にし、本当かよ??と思ったのですが・・・
実際ホントでした。(:3_ヽ)_


付属されていた物では、取り付けは困難を強いられます。




2019-12-07 09.10.52-1


付属のネジ類は +ネジの皿ビスとなります。
+皿ビスでは力が入りずらいので、別のネジを購入するのが良いかと思います。

長さは30と25が付属しておりますが、取り付ける車種によっては交換をお勧めします。


トップケース土台固定金具を合わせてみると、皆が悩む直面にやっぱり遭遇しました!


このSHADは取り付け鉄板を別売りで売っておりますが・・・8千円もします。
正直、土台まで回すお金もありません。




2019-12-07 09.11.17-1




取り付け金具を取り付けられない!!??
別の角度から確認を行うとこんな感じです。

全然あわねー
どうすんだこれ???





2019-12-07 10.13.56

写真のDINレールなる物が、Amazonのコメントに乗っておりましたが、近くのホムセンを3件ほど周りましたが、売っておりませんでした。

店員に写真を見せ確認もしましたが、「何ですかこれ?」と逆に質問される始末・・・



取り付けたい場所に、幅が合わないせいで、固定部材がスカスカ状態で固定が出来ない
これは困った・・・まじで困った。



DINレール良さそうなんだけど、DIYショップでの取り扱いが無いみたいだ・・・



2019-12-07 09.09.57




取り付けたい場所に幅が合わない、スカスカ状態で固定が出来ない
KIJIMA自体が簡易的な作りになってますので、KIJIMAのパニアケース用に幅が作られている可能性があります。

社外のパニアケース製品には、塩辛い対応かと思います。
製品スペックを見て、頭の中で固定部材を考えました。


キャリアーの仕様は以下の通りです。

Kijima GSR250 リアキャリアー

仕様
キジマ (Kijima)
モデル名 210-196
商品重量 2.08 Kg
梱包サイズ 38.5 x 34.5 x 15.9 cm
メーカー型番 210-196
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 38.5 x 34.5 x 15.9 cm


ホームセンターで色々頭の中で試行錯誤して答えを出しました。



固定ステを作ろう



手に入らない物では、ご紹介の意味がありませんので
何処のDIYショップでも簡単に手に入り、見ている皆様でも簡単に取り付けられる様に考えました。



2019-12-07 11.34.04


厚さ 3mm 幅25mm 長さ300mm

取り付け穴が沢山でなステを買いました。
正直どの位置で取り付けられるかが不明だった為、この選択しかありませんでした。
強度が欲しいので、市販で売ってる一番厚い3mmを選択しました。

これ以上厚い鉄板はグライダーがないと切断が難しくなる恐れがあります。


グライダーは持ってないので・・鉄板切断するのに鉄用のノコギリで切で切断をしました。鉄用のノコギリは198円と安いので、何処でも手に入ります。



2019-12-07 11.34.21




 キャリアーに土台を当て、買ってきた鉄板を当てると後ろ側は切らずに取り付けできそうです!キャリアーからは若干少し横

に飛び出しますが、土台を当てると横に飛びだしません。しかし、前側の土台固定場所が長すぎて取り付けられないので、ノコギリで切る決断をしました。





2019-12-07 12.09.13




フロント側のステは長い為、このステの両側コレくらいを切ります。
他のステを使う時は、実際に当てて線を引いて下さい。

大体両側、15mm位を落としました。
このステでは○が縦に並んだ場所を目指して、切って下さい。
写真ではホムセンで購入をした、198円のノコギリを使いました。


写真 2019-12-07 12 16 05


フロント側(短い方)を合わせると、こんな感じで取りが出来るようになります。
外れ防止用のナットになりますので、ナットは凄く固いですので、もし6mmのナットが有れば片側を固定しておくと楽になります。




BlogPaint




矢印の場所には、ゴムを挟む事をオススメ致します。
実際にどの位のゴムを挟むかといいますと
次の写真を見て頂ければと思います。





写真 2019-12-07 13 21 00





これ位の薄いゴムを両側に挟む事をオススメします。
傷防止・ズレ防止にも役立ちます。

バイクには作業傷を防止する為に、必ず養生を行ってから作業する事をオススメします。
私の場合は、布をかぶせました。



2019-12-07 09.12.02-1




 位置を中央に合わせて固定していきます。
+ネジは固いので焦らず舐めない様にゆっくり回してください。
受け側のナットは10mmメガネレンチを用意すると良いと思います。
スパナでも良いのですが、固いのでメガネをオススメします。


こんなに取り付け穴があるのに付属のステが取り付けられないので、少し悲しいですが・・まぁ仕方ないですね・・・^^;



土台完成



BlogPaint



一番気になるポイントは、KIJIMAのリアキャリアーの赤い矢印のここの出っ張り、ですがこの土台は逆にピッタリ高さが合うの

で素晴らしいです。
ツライチに感動しました。


この土台も取り付け用のステ以外は本当良いかも。



写真 2019-12-07 12 16 52



長さを再確認しながら、この様に取り付けを行いました。
はみ出ている部分は丁度合わせますと、綺麗に隠れます。
なんか専用ステの様に取り付け可能です。


固定ネジを追加して固定を行って、さらなる強度アップを行っております。
付属の固定板では四本で止める仕様になっておりますが、やはり不安な為強度アップ





写真 2019-12-07 13 14 17



ネジ隠しのカバー取り付けて土台の完成!!
非常に良く取り付けられました。


取り付け用のステが飛び出して無いか、確認してみます
両サイドを確認してみましたが、長さが丁度良いので自然な取り付けを期待できます。



写真 2019-12-07 13 18 12
写真 2019-12-07 13 18 24




固定ステが綺麗に隠れます。
頭の中で想像したのが、当てはまると本当に気持ちが良いです。




写真 2019-12-07 13 18 42



下からのぞくとこの様な感じです。
6本固定にした事で、さらに強度もあがっておりかなり期待が持てます。
あとは長期テストを残すだけとなりました。








写真 2019-12-07 12 52 25






パニアケースを合体させてみました。
かなり良い!!


SHADのパニアケースはカギレスで開けられますので、凄く便利な箱でした。




2019-12-08 16.43.02




取り付け後に、実際に走ってみました。
パニアを初めて取り付けましたが、荷物を入れて走ると挙動が変わり少し慣れるまで危ないかもしれません。

重心の取り方が多少変わるので、まずはバイクも人も慣らし運転をしないといけないと思います。



キジマのリアキャリアーとSHADのパニアケースやGIVIのパニアを付ける時に土台を付ける時に是非ご参考ください。



荷物を載せましたが、強度は保っておりまので、長さがあえばステンレスもありかと思います。ただフロント側を固定するに短くする際は、グラインダーがないとステンレスは固くて3mm圧は手動で切断するのは、苦労すると思います。






緩みが発生 さらなる対策へ


前回の走行の後、5キロ以上を積み走行を行い250キロを走ってきました。
そこで新たな問題が発生しました。

帰ってきて、ナットの緩みを確認した所、一カ所が完全に緩み役目をしておりませんでした。もし完全に取れたら、大事故につながりますのでさらなる対策をしました。


ネジロック剤 青を近くのDIYショップに買いに行きましたが、売っておりませんでした。このままでは危ないので、今回購入した緩み防止ナットを使います。

2019-12-15 19.04.48



写真通りココが利きます!
ダブルナットを最初考えましたが、こちらを選びました。



そしてズレを防止する為に新たなステを導入







2019-12-15 19.46.48



固定箇所を片側3箇計6箇所から→ 片側5カ所 計10カ所の固定にしました。






2019-12-15 19.05.07



ホームセンターで売っているZ型のステーを、ハンマーを使い平たくする感じに叩き伸ばし
取り付けを行いました。

買った時についていたステーも何とか考え、斜めに取り付けました。
両サイド同じ仕様にした為、片側に過重掛かった時に押さえる力を強化しました。



正直ここまで、対策してどうしても緩む場合はネジロック剤をネット通販で購入するか、遠くの量販店に行こうと思います。




2019-12-15 19.51.12




全ての鉄板の間には、ゴム10mm を挟みこみ、ズレ防止させています。
今後のツーリング状態を確認して様子を見ようと思います。











スポンサー様